« 川遊び | トップページ | 避妊手術 »

2011年6月30日 (木)

子育て、難し~

先日、テレビで子どもの教育のテレビをしていたのを見て衝撃を受けました。

色々、やっていたのですが、その中で「えー!」っと思ったのが

読み聞かせはしてはいけない。でした。

さんざんしてきたし~

って叫んでしまった。

我が家は小学生の子どもがいてますが

小さい頃は「子どもには読み聞かせが大事。

読み聞かせることにより、本も好きになるし、

集中力もつくし、勉強も好きになる、落ち着いた子になる」

とテレビでもしていて、もう、いいことづくしの読み聞かせ。

これはやらねば、と思いせっせと毎月絵本を取ったり、

図書館に通ったりと。

で、ただ今子育てまだまだ途中ですが、

・本は読まない

・落ち着きはない

・気になる本は読んでと自分からは読もうとしない

・内容を理解していない

という途中結果になっています。

今後、これが変わるとは思われず。

テレビではキッチリとこうなる↑ので

本は自分で読ます。

子どもからお母さんに読み聞かせてもらう。

感想などを聞く。

って言ってました。

まあ、読み聞かせだけが原因ではないですが・・・

Img_5728_convert_20110630112832

これと同じでウールの子育ても同じようなことになっています。

子犬にはこうするべきだ。と言われれば「ふむふむ、そうか!」

これがいい!と言われればそれに飛びつくの繰り返しで

情報に流されっぱなし。。。

ずっと悩んでいる嚙むことも

厳しくしなさい。という人もいるし、

嚙まれても無視しなさい。という人もいるし。。。

結局はその子をよく見て理解しないとダメってことなんだろうな

って最近つくづく感じます。

暑いのでお庭でシャンプーしました

Img_5731_convert_20110630112944

Img_5735_convert_20110630113011

|

« 川遊び | トップページ | 避妊手術 »

~6か月」カテゴリの記事

コメント

専門家は最もらしいことを言いますが
・本は読まない
・落ち着きはない
・気になる本は読んでと自分からは読もうとしない
・内容を理解していない
ってよく見ると
子供の特徴そのままです(笑)
まあ、中には本が好きな子もいるかも
しれませんが…

師匠のところに訓練を出すときに
モフについていろいろ困ったことを
手紙に書いて出しました。
「子犬なんだから、そんなものだろ」
と言われてました。
それに似ていますね。

人生、ちょっとしたきっかけで
本が好きになったりするかもしれないです♪
やっぱり自分を振り返っても
今でこそ本はたくさん読みますが
子供の頃は本読むの好きじゃなかったですね~
やっぱり、ゲームとかテレビとか
スポーツとか
他に楽しいことがたくさんありますから。

ディスクの講習会で聞いたのですが
同じ症状だからといって
同じ原因とは限らないそうです。

よく考えると当たり前ですが
ついつい動物相手だと
症状が同じだと原因が同じと錯覚します。

なので、噛むことに対して
厳しくするのが正解なときも
無視するのが正解なときも
時には優しくするのが正解なときも
あるんでしょうね~。
ワンコを育てるのは難しい(ノ_-。)
でも、そこが楽しいところなのかもしれませんね。

投稿: ロス | 2011年6月30日 (木) 19時09分

ロスさん

そうですね。
子どもらしさと思えばそんなものか。
って思えますね。

ウールのこともついつい同じ症状の犬を見つけては、その子と同じと思いこんでました。

そういえば、主人にも子育て本など見ない方がいいよ。
なかなか自分の子は当てはまらないんだから、って言われてました

色んなことに悩んだり、怒ったりもしますが、笑うことも多くなり、子育って人も犬も楽しいですね

投稿: みっち | 2011年6月30日 (木) 21時51分

私も 読み聞かせ、ようしましたよ~。
なのに 成長した我が子達、なんで読むのは漫画やねん?てずっと思ってた。
ほんま読解力もないし・・・・
そうかあ、結局 自主的に読まさなきゃならなかったんですねぇ。。。はあ~(笑)

子育てもそうだけど犬育ても理論とか色々と変わってきてますよね。
うちは大きな子は二匹目なので やっぱりちょっと余裕を持って接することが出来る反面 何事にも甘くなってしまっています。
ただ、アメリカのドッグトレーナー、シーザーミランさんと言う方の犬に対する考え方が一番自分の考え方に似てて納得できて為になりました。
それが無かったら もっとルカに甘いだけの飼い主になっていたかもしれません~(笑)

投稿: アンテ | 2011年7月 1日 (金) 13時07分

アンテさん

犬育て、時代とともに変わってきていますよね。

うちのだんなさんの実家でポメラニアンを飼ってるんですが、
もうそれは恐ろしいワンコで、小さいから許されるだけであれで大きかったらと思うと。。。
で、実家でしつけの話になったとき出してきた本にびっくり。
黄ばんだ随分前のしつけ本。
内容はおしっこを失敗したときは鼻を擦り付けて怒る。など
そういえば昔ってこんなしつけやったなぁ
ってことがたくさん書かれてて、
その結果恐ろしい犬が出来上がったっていうわけです
我が家も大きな顔は出来ない犬育てですが。。。(汗)

シーザーミランさんって私は知らないんですが
どっかで聞いたなぁって思ったら、
ロスさん↑のブログで2.3日前に犬のエネルギーという内容に載ってました。
有名な方なんですね。
私も見てみたいと思います。

投稿: みっち | 2011年7月 1日 (金) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子育て、難し~:

« 川遊び | トップページ | 避妊手術 »